グローバル・ファイナンシャルプランナー(GFP)とは

人生における夢や目標に対して、資金計画や経済的アドバイスをするのが、いわゆる「ファイナンシャル・プランナー(FP)」です。金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識を持ってサポートする専門家です。当協会が推奨する、「グローバル・ファイナンシャルプランナー(GFP)」は、従来のFPとは異なり、世界全体を視野に入れた、より広範な知識とノウハウを持って経済的アドバイスをします。近年、年金問題等への懸念が強まり、グローバル化も急速に進んでいく中、日本だけではなく、海外にも分散して資産を持つ重要性が増してきました。そんなグローバル化の進む中で、お金のプロとして活躍するのがGFPです。当協会はGFPの育成を通して、日本全体の金融リテラシー向上と国際化に貢献していくことを指針として運営されています。

LITERACY

GFPが習得する3つのリテラシー

3つのリテラシーを習得することで、GFP資格の取得が可能です。
グローバルな視点で、お金や経済のアドバイスができるよ知識を週得します。

ファイナンシャルリテラシー

金融、投資に関する知識とその知識を使って広く活用できる能力を習得します。日本の金融事情に限らず、世界を俯瞰したお金の学習ができます。

エコノミックリテラシー

経済の仕組みを理解し、世界的なお金の流れを把握できる能力を習得します 。経済ニュースはもちろんのこと、金融に関わる専門的な記事を理解できるようになります。

グローバルリテラシー

世界の地理や歴史、文化など、国際理解に欠かせない知識を習得します。その国・地域がどのような歴史で発展してきたかを理解することで、投資対象の分析にも役立ちます。

GFP 活躍の場

GFPは社会のあらゆるフィールドで活躍することができます。

GFP資格取得で手に職を!

GFP資格を取得することで、投資・金融分野の専門家として様々なフィールドで活躍することができます。

金融機関

銀行や保険会社などの金融機関で、専門知識を活用してGFPの力を発揮できます。

独立系GFP

FP会社に所属したり、自分で事務所を持って活動するGFPもいます。

一般企業

一般企業内でも仕事の幅が広がります。転職やキャリアアップにつながります。

自分自身で私産形成

自分自身や家族の私産形成にもGFPの知識が活かされます。投資家として成功を収める方もいます。

GFP資格取得までのステップ

GFPは、机上の知識よりも実践的に使える知識やコミュニケーション能力の強化に力を入れています。GFP資格取得には、「GFP資格講座」の受講が必須になります。

1

GFP資格講座の受講

GFPの資格取得には、「GFP資格講座」の受講が必須です。学科と実技に分かれています。

2

実技講座受講と試験合格

実技を学ぶ全7回(約2ヶ月間)のオンライン対面講座の受講完了と学科試験の合格が資格取得条件になります。

3

GFP資格発行・仕事を始める

GFPの資格が発行されると肩書として名刺等への記載が可能になります。GFPがすぐに仕事ができる環境も整備されています。

①GFP資格講座の受講

一般的なFP資格は、知識のインプットがメインとなり、資格を取得したからといってすぐに仕事があるわけではありません。しかし、GFP協会では「資格を取得すればすぐに仕事ができる」ことをゴールとしており、資格取得後の仕事環境まで整備されております。

そのため、座学による知識のインプットのみならず、対面でカウンセリングをする上で欠かせないFPとしての対人スキルやポートフォリオ設計の仕方、ノウハウについても伝授します。

GFPではしっかり実務能力を身につけていただくために講座受講を必須とさせていただいております。その分、時間とお金を自己投資する価値のある資格となっております。

②実技講座と学科試験合格


<学科>
専用テキストと動画講義での学習
毎週の対面講座までに、座学にてインプットしていただく範囲を指定し課題が与えられます。学習内容は、「ファイナンンシャルリテラシー」「エコノミックリテラシー」「グローバルリテラシー」の3つのカテゴリーに分かれており、グローバルな視野でお金や経済の勉強ができます。全12回の対面講座が終了した後、学科試験を受けていただき、合格すると資格が発行されます。

<実技>
講師によるオンライン対面講座
週に1回(60分〜90分/1回)のペースで合計7回(7週)行います。
実際にお客様へご提案をする際に必要な、対人スキルやポートフォリオ設計の方法について、ロールプレイングを取り入れながら講師が指導を行います。資格取得後に、すぐに独立したGFPとして仕事ができるよう全7回の講義でノウハウを伝授いたします。

③GFP資格発行・仕事を始める

GFPの資格が発行されると、GFP協会公認の肩書きとして、名刺やビジネスプロフィール等へ記載をしていただけます。

そして、GFP資格取得後は、すぐにGFPとして仕事ができるプラットフォームに参加していただくことが可能になります。お客様へ提案する、幅広い海外の投資商品や情報が用意されています 。

GFPプラットフォームを活用することで、お客様への私産形成のアドバイスとともに具体的な海外投資を紹介し、報酬を受け取ることが可能になります。

GFP講座 講師紹介

海外投資に精通したプロフェッショナルが講師を努めます。

武井 充

GFP協会 理事

GFP、プライベートバンカーコーディネーター / ファイナンシャルプランナー3級

田島 直英

GFP協会 認定講師

GFP、ファイナンシャルプランナー2級、海外不動産コンサルタント

田口 昂平

GFP協会 認定講師

GFP、プライベートバンカーコーディネーター / ファイナンシャルプランナー2級 / 証券外務員二種 / 日本私産運用協会認定講師

モニター生募集中

現在、GFP資格取得講座のモニター受講生を募集しております。
皆様よりご意見を頂きながらより良い資格にブラッシュアップして参ります。

募集期間|2020年8月1日〜9月30日の申し込み
モニター受講料|30,000円(税込)

GFP資格取得講座モニター生募集中

モニター受講を申し込む

グローバル・ファイナンシャルプランナー資格取得講座
皆様のご参加を講師、スタッフ一同心よりお待ちしております。